読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

S高S安銘柄狙い

ストップ高・ストップ安を狙う

フィンテック銘柄とビットコインと民泊とMUFGコインとビットコイン販売所のメモ

ビットコイン銘柄 フィンテック銘柄

今朝からビットコインについてもくもくと調べごとをしている。

ブランジスタと総選挙で使われる投票システムの会社の株も気になってはいるが、三菱東京UFJが独自開発の仮想通貨「MUFJコイン」を来年の秋に一般利用者に発行するというニュースの方が気になってます。

この報道のあと、フィンテック銘柄の下記の買いが強まっているよう模様。

ウェルネット<2428>
マネーパートナーズグループ<8732>
アイリッジ<3917>
メタップス<6172>

この中でも気になってるのがメタップス<6172>。

メタップスは、民泊事業参入支援のデータ解析サービスを開始して株価上昇させてるけど、民泊事業がこれからもっと盛んになると、ビットコインのニーズも高くなってくると思う。

民泊はこれからもっと活発になる、そして民泊事業でビットコインなり仮想通貨が使われるようになるから、ここでもフィンテック企業から目が離せない。

都市部に民泊施設を増やして、2020年に4000万人(8兆円)という目標を政府が立ててる。

比較.comが「手間いらず」と「自在客」とシステム連携して、中国や台湾の個人旅行客の獲得環境を整えてる。
そして、日本で唯一プライベート・ブロックチェーンを実装する技術「mijin」を持っているテックビューロという企業があって、テックビューロは未上場の会社だけど、テックビューロと事業提携したり、何かしら関わっている下記の銘柄は2016年目を離したらアウトだと思う。

■ インフォテリア <3853>
ソフト開発企業で15年12月に、テックビューロとの事業提携を発表した。

■ アイリッジ <3917>
O2Oの会社でテックビューロとフィンテック関連のスマホ用アプリの共同開発をしている。

アイリッジとデジタルガレージとクレディセゾンの3社がフィンテックソリューションの共同開発を行う。

■ さくらインターネット<3778>
国内最大のデータセンター運営の会社でテックビューロの「mijinクラウドチェーン」の実証実験環境を16年1月から無料提供

■ ロックオン<3690>
インターネット広告運用サポートの会社でテックビューロとブロックチェーン技術を応用したEC(電子商取引)用受注エンジンの実証実験を開始。

■ オウケイウェイヴ (3808)
日本最大級のQ&Aサイトの会社で知的財産販売決済やユーザー認証にブロックチェーン技術を取り入れる。

■ エスクロAJ
オーブのブロックチェーン技術を不動産取引に係る認証・決済システムに応用するため、共同で実証実験を開始。

最後にビットコイン販売所をメモる。

■ bitFlyer(株式会社bitFlyer)
https://bitflyer.jp/

FaceBook、Yahoo、GoogleのIDでログイン可能。
SBIホールディングス、三菱UFJキャピタル、GMO等が株主。

■ Payびっと(Coins株式会社)
http://www.pay-bit.net/

2015年3月末日で閉鎖した。

■ bitbankwallet(ビットバンク株式会社)
https://bitbankwallet.jp/

■ coincheck(レジュプレス株式会社)
https://coincheck.jp/

■ Zaif(テックビューロ株式会社)
https://zaif.jp/

取引所でもある。


国内ビットコイン市況
http://jpbitcoin.com/markets